Hatena::Groupchronicle

記憶する部屋

 | 

2007-03-16

はてなidに関する話題のまとめ

何だか月一更新もしてませんね、2ヶ月ぶりの更新ですが、今回は はてなユーザーidについてのまとめをしてみます。


はてなダイアリーはてなグループを利用していて目に付くのが、お互いをはてなidで呼ぶ文化。

はてなidとは各々ユーザー固有の文字列で、付けられるのは

大文字あるいは小文字のアルファベット・0-9の数字・「-」・「_」(いずれも半角)のいずれかを3-15文字並べたもの(ただし最初の文字はアルファベットであること)から成る。アルファベット大文字と小文字は互いに区別される。

はてなIDとは - はてなダイアリー

といった条件になっています。

ここまでは他のブログサービスと大差ないのですが、はてなの場合、はてなid の頭に「id:」とつけるだけで簡単にリンクが張れる id記法 があるせいか、ハンドルネームブログ名ではなく、はてなid を使ってお互いを呼び合うことが多く見られます。こちらについての考察は、11.25% ハンドルネームと、その人の印象 でされていますね。

mixiなんかではニックネームで呼び合うような習慣がありますが、はてなではidで呼び合うことが多く、ハンドルネームと言うものがあまり意識されていない気がします。

11.25% ハンドルネームと、その人の印象


例えば、id:naoyaさん*1、というと はてなCTO 伊藤直也さんなのですが、伊藤さんに言及する場合

  • 伊藤さんがこう書かれてますが~

ハンドルネーム(ここでは本名ですが)で表記するか、または

ブログ名で表記することが一般的でしょうが、はてなの場合

で、済むという文化があります。


ここでの id:ユーザーid 表記では、

と、どちらも含む表現としても使われています。さらにそれらを指し示すことと同時に、自動的にリンク処理が行われるので、言及が簡便なのが利点ですね。


個人的には、言及するときにブログ名はともかく、わざわざプロフィールハンドルネームを確認せずとも、はてなid表記だけでお互いに呼び合えるのはとても楽で、良い文化だなと感じています。


はてなidの読み方

そうした、割合と仕様頻度が高く、他のブログサービスよりも意識しやすい はてなidなので、それについての言及も数多くあります。

特に、登録に使える文字列には制限がありますから、

大文字あるいは小文字のアルファベット・0-9の数字・「-」・「_」(いずれも半角)のいずれかを3-15文字並べたもの(ただし最初の文字はアルファベットであること)から成る。アルファベット大文字と小文字は互いに区別される。

はてなIDとは - はてなダイアリー

中には、読み難いはてなidというものがあります、それらについてのエントリー流行したこともありました。




ちなみに個人的なことですが、私のはてなidは rikuo 、ハンドルネームも rikuo 読みも そのままローマ字読みなので、こうした読み方のエントリーで話題に上がることがないのが、若干疎外感がありますね。わざと読み難いひねったidにした方が良かったかしら。まぁ、オフ会などでは便利なのですが。

反応

こうしたはてなidの読み関連のエントリーにまつわる言及など

はてなidの由来

由来はそれぞれのダイアリーや、プロフィール等で言及されていることも多いでしょうが、人力検索の質問でまとまったものがあるので、リンクしておきます。

似ているはてなid

前述の通り、使える文字には表現がありますからどうしても似ている はてなidがあるわけです。

ただ共通の文字が多いだけでなく、文字数や頭の何文字が似ているだけでも誤認してしまうようですね。

いろは分類

こちらは、はてなidにまつわる話題、というよりはユーザーについての分類ですが、なかなか興味深いのでリンクしてみました。


最後に

はてなidユーザー登録時につけるもので、こだわる人もいるでしょうが、一方で気軽につける人もいるでしょうね。

それに意味を持たせるのもありですし、また区別するだけのただの文字列だと割り切るのも一つの考え方でしょうが、単なる英数字プラスαとは言え、由来や決め方また考え方にも違いがあり、たかがidと言えど私はそこにそれぞれの個性が出ていると思います。

そう考えると、ダイアリーブックマークのページではてなidを見かけたときに、それをただの文字列ではなく人として感じられるようになるでしょう。

11.25% ハンドルネームと、その人の印象

でも、やっぱりハンドルネーム自分でつけるものですから、どこかしら本人のイメージと重なる部分も多い気がするんですよね。

11.25% ハンドルネームと、その人の印象

*1:この文章が書かれているのがはてなグループなので、本来は d:id:ユーザーid と書かなければならないのですが、ここでは主に はてなダイアリーでの運用を例にしているため、id記法を簡略化して説明しています

 |